TOEICの魅力とは

今やあまたある英語資格の中でもTOEICが最大最高の資格と言えます。では、何を持ってして最大最高と言えるのかなのですが、それは「高いスコアを保持しているとそれがそのまま進学や就職、そして昇進にダイレクトに役立つから」です。例えば外資系の会社などを中心として、スコアに応じた昇進形態が見られることは良く知られていることですが、就職の際も「800点以上」「900点以上」が要求されている会社もあります。更には大学入試に関しましても、将来的にはTOEICのスコアを大学入試センター試験の点数の代替えにできるという案も出されているほどです。大学や企業がTOEICを採用したがる理由は「合否ではなくスコア形式」ということが理由の一つです。合否だけですとその人の実力が見えませんが、スコア形式ですと実力を判断しやすいからです。

TOEICの問題構成

TOEICの問題構成は一律で決まっています。パート1からパート7となっており、パート1~4がリスニングで45分、パート5~7がリーディングで75分の計120分となっています。パート毎の内容ですが、パート1は10問で、写真を見て音声と合致するものを4択から選びます。パート2は二人のフレーズ会話で、相手のセリフに対して打倒なフレーズを答えます。パート3は長い会話、パート4は長いナレーションで、各10長文で構成されており、1長文につき3題の出題です(つまりパート3で30問、パート4で30問)です。これでリスニングで計100問です。次にリーディングですが、パート5は40問で文法問題です。パート6は長文の空所補充問題です。これが12問です。そして最大の鬼門でありますパート7は48問ですが、長文数で14~15長文は読むことになります。これを75分ですべてさばくことになります。TOEICは時間をいかに攻略するかがハイスコアの鍵です。

TOEICの効果的な勉強法

TOEICでスコアを上げるために色々な勉強法が指針されています。中には「英語でニュースを見ること」や「英字新聞を毎日読む」、「洋画を字幕無しでたくさん観る」などもあります。もちろんこれらも“英語力を上げる”という意味においては効果的ですが、しかしスコアを上げるための「最短」な勉強法ではないです。なぜならこれらの勉強法は「TOEIC」に絞ったものではなく「英語全般」に焦点を当てたものだからです。では最短に効果を上げる方法とはどのようにすべきなのかと言いますと「専用問題集を大量に解く」です。TOEICというのは傾向が決まっています。時間も2時間、量も200問と膨大です。これをいかにうまく時間を使いながら問題をさばいてゆくかが大切です。しかもパート毎に存在する「解き方」が存在しています。まずはこれらに慣れるだけでも十分スコアアップが見込めます。そしてそれは洋画を観たりすることから学べるのではなく、専用の問題集を大量にこなすことによって身体に染み付けることが効果的です。

スクールの質は、講師と教材の質で決まります。 当社の強みは、優秀な教授人を揃えて、グローバル化社会に向けた多くの人材の輩出と育成をしている事です。 TOEIC指導において全国最優秀校の講師陣が正しい学習法の伝達をし、スコアの保証制度で得点アップへの強力なサポートをいたします。 メールでのお問い合わせは、24時間受付中です。 TOEICの勉強ならエッセンスにお任せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*